長野市の貸会議室・セミナー、面接会場 長野県教育会館

アップル共済「おひさまネット」

小・中・特別支援学校教職員の皆さまに愛されるアップル共済はおかげさまで30周年を迎えました。

これからも安心・安全・有利な保障を提供してまいりますのでよろしくお願いいたします。

アップル共済キャンペーン期間中は、おひさまネットからでもお手続きいただけます。

※利用期間外は表示されません。

現在は利用期間外です。

 

ご加入のお客様の声

4泊5日の入院をしました。
給付金の申請手続きが簡単で、
給付金もすぐに出ました。

短い入院だったのですが、
細かな出費がたくさんあったので
すぐに給付されて
本当に助かりました。(50代 女性)

 

退職後も継続加入しています。
退教互のカバーとして利用しています。

「アップル共済」は、
配当金があるのが魅力です。(60代 男性)

 

毎年3月末にでる、アップル共済の
配当金が楽しみです。
ちょっとしたお小遣いになり、
うれしいです。(40代 女性)

 

アップル共済(長野県教職員組合会館)とは・・・

一般財団法人 長野県教職員組合会館は、長野県から認可を得ている一般財団法人で、教職員および児童生徒のための教育文化事業や、教職員の福利厚生事業を行っています。教職員の福利厚生制度の柱として長野県教職員組合会会館の「アップル共済」を教職員の皆様におすすめしています。「アップル共済」は小・中・特別支援学校教職員のみなさんの助け合い制度として、1987年(昭和62年)に誕生しました。
これからも一層みなさんのお役に立てる制度として発展し続けます。
県下の公立小中学校の教職員の方であれば、どなたでもご加入いただけます。
助け合いの輪への、たくさんのご加入をお待ちしております。

 

長野県教職員組合会館 独自の助け合い制度です

apple_img01

「アップル共済」おかげさまで30歳になります!

 長野県の教職員の福利厚生・助け合いの制度としてスタートしたアップル共済は(当初は「生活・教育年金共済」)は、おかげさまをもちまして2017年3月1日に30周年となります。これまで大勢の皆様にご加入をいただき、制度内容の充実を図ってまいりました。30周年を迎えるにあたり、これからも皆様のニーズに合った安心・安全な保障をご提供してまいりますので、多くの皆様のご加入をお待ち申し上げます。

「アップル共済」30年のあゆみ

1987年度 「生活教育年金共済」募集スタート

1988年度 「生活教育年金共済」制度スタート

1989年度 第1回掛金値下げ (遺族年金コース加入者数 本人2533名)

1991年度 入院見舞金制度新設、第2回掛金値下げ

1992年度 遺族年金コース(S:2500万円)増設

1993年度 子ども制度増設、第3回掛金値下げ

1994年度 遺族年金コース(S2:3000万円)増設

1997年度 共済発足10周年記念「愛称」募集

「アップル共済」に決定(7月)

第4回掛金値下げ

遺族年金コース(S3:3500万円)増設

1998年度 遺族年金コース(アップル:4000万円)増設

配偶者コース(りんどう:800万円)増設

2002年度 医療保障コース新設

2003年度 保険契約者団体を県教組から長野県教育会館へ移行

2006年度 年度途中新規加入日(6/1、9/1)を新設

2007年度 アップル共済発足20周年記念

医療保障コースの拡充:1泊2日連続入院の1日目から保障

2011年度 介護保障特約新設

定年退職後継続開始―遺族年金コース70歳

―医療保障コース69歳まで延長

2015年度 アップル共済入院見舞金支払い基準を変更

2016年度 退職後継続の対象年齢の変更

こんなことでお悩みではありませんか?

apple_top

アップル共済のお問い合わせ、パンフレットのご希望は

長野県教育会館 事務局 アップル共済 担当:根橋
電話:026-235-6995(月曜~土曜 / 9:00-17:00)

 

お問い合わせ

お問合わせ